topic

Bara-Block 〜 サポサポproject vol.12

2015.7.2

90×90mmサイズに圧縮された形状でこのレベルのクオリティーを再現するには、レーザーカットやウォータージェットによる加工では不可能
90×90mmサイズに圧縮された形状でこのレベルのクオリティーを再現するには、レーザーカットやウォータージェットによる加工では不可能
DSC08543_2
DSC08540_2
DSC08537_2
DSC08552_2

明日7/3(金)15:00から始まる「サポサポ project vol.12」に参加します。
サポサポ projectとは、2011年7月より開始した東京芸術大学美術学部卒業生による3.11復興支援プロジェクトです。
アートとデザインの力によって復興に貢献することを目的とした作品販売によるボランティア活動です。ポストカードやアートグッズを展示販売し、その売上げは被災地でボランティアの方々によって有効活用されます。
普段では手に入れることが難しい魅力的で愛情ある作家作品が数多く出品され、回を重ねるにしたがって、たくさんの来場者で賑わっています。今回もまた多くの方々がこの展覧会を訪れてくれることを心から願っています。

2015年7月3日(金)~5日(日)
11:00~19:00(初日のみ15:00pen)
ギャラリー5610
東京都港区南青山5-6-10・5610番館
Tel:03-3407-5610
http://www.deska.jp/exhibition_onview

■ 出展作品「Bara-Block(ishigaki)』

これまで展開してきたBaraの積み木シリーズ。
これまでのハンドメイド制作からNCによる機械切削に挑戦。ハンドメイドとはまた違ったミニマルサイズに凝縮された緊張感を醸し出しています。
石垣がヒントとなったこの積み木の遊び方はさまざまです。バラバラにして元の石垣に戻すパズルに挑戦したり、机の上に並べて石庭をイメージさせたり、アーチを組んでみたり、絶妙なバランスに挑戦して高さを競ってみたり。
全てが違う形でできた10個の木片は、ひとつひとつ無垢の木材から丁寧に削り出されています。無垢の木が持つ自然な優しさに触れながら遊んでいくうちに、自然につく手垢やキズが時間と共に記憶の痕跡となって愛着につながっていくことを目指しました。
デザイン:今中 隆介
制作協力:萩原製作所(秋田)

2015年

CNA新社屋外構計画
2015.10.18
IGAS2015 GICSブース
2015.09.16
サポサポproject vol.12
2015.07.03
Bara-Block 〜 サポサポproject vol.12
2015.07.02
BIYONG POINT(ビヨンポイント) 〜 秋田公立美術大学ギャラリー
2015.03.16
DESIGNER’S FILE 2015
2015.03.03
A4ペーパータワー 〜 サポサポProject vol.11
2015.01.10