topic

Q社ITオフィスにおける休憩室の設計(茅場町)

2016.5.16

6F休憩室のウォールファニチャーシステムは、マグネットで自在にレイアウト変更ができる(制作はsixinch JAPAN)
6F休憩室のウォールファニチャーシステムは、マグネットで自在にレイアウト変更ができる(制作はsixinch JAPAN)
_DSC1566_low
_DSC1580_low
_DSC1609_low
5階休憩室の15mmのアルミ板で構成したテーブルは、タワミを防止する貫構造を省くことで十分な強度を担保しつつもシャープな仕上がりを得ている(制作はsixinch JAPAN)
5階休憩室の15mmのアルミ板で構成したテーブルは、タワミを防止する貫構造を省くことで十分な強度を担保しつつもシャープな仕上がりを得ている(制作はsixinch JAPAN)
_DSC1703_low
_DSC1687_low
_DSC1715_low
6F休憩室の施工前の状態
6F休憩室の施工前の状態
5F休憩室の施工前の状態
5F休憩室の施工前の状態

2012年にとあるIT企業から、オフィス内のリラクゼーションルームの設計依頼を受けた。
( http://r-homeworks.jp/work/2012/218
3年経った2015年には事業拡大とともに新しいオフィスに移転され社名も更新されたことに伴い、改めて新オフィスの休憩室の設計を担当させていただいた。
今回のテナントビルは、最新のモジュール化されたビルのため、床・壁・天井に対して厳しい施工条件が課せられており(要はほとんど傷つけてはいけないということ・・・)、既存の空間を劇的に変化させるにはかなりの工夫を求められた。
そこで今回の提案は、展示空間の設計で培った空間演出の手法を持ち込み、将来的な移転時には一瞬で現状復帰ができるシステムを構想し空間セットアップを施した。
すべてが簡易的な設置によって施工された空間とは想像ができないほどの変貌を遂げている。

施工:株式会社ドムス → http://domes.jp/company/
Wallファニチャー:sixinch JAPAN →  http://www.sixinch.jp
5Fテーブルの構造計算協力:中田琢史/リズムデザイン=モヴ 一級建築士事務所 → http://rd2002.com/about
アートワーク:鈴木安一郎  → http://www010.upp.so-net.ne.jp/yasuichiro/

2016年

今ある世界 × 未だ来ない世界
2016.12.24
サポサポVol.15
2016.12.07
秋田の美術2016展
2016.10.29
サポサポ project vol.14
2016.06.24
インテリアライフスタイルTOKYO sixinch JAPANブース
2016.06.01
Q社ITオフィスにおける休憩室の設計(茅場町)
2016.05.16
キッズ・ハンドバイク 〜ハーブワールドAKITA
2016.04.20
デザナーズファイル2016
2016.03.06